2020.10.21 Wednesday

「押し出し」は勝つための基本型

0

    大相撲の決まり手82手ある中で一番の基本型は「押し出し」です。

    決まり手のランキングは、寄り切り、上手投げに次いで第3位ですが・・・。

     

    「押し出し」とは、勝ちに行くことです。

    勝ちに行くための行動が、正に「押し出し」ということです。

    どうすれば勝てるかを考えても、行動しないのは「押し出し」がないということです。

    頭で勉強しても行動しなければ「押し出し」ではありません。

     

    勿論、「押し出す」ためには、力が必要です。

    自分には、相手を「押し出す」だけの力がない場合はどうするか。

    気力を出す、ということもあるでしょうし、 道具を使うという方法もあります。

     

    桶狭間の戦いで、織田信長は斎藤道三の兵を借りて勝ったのです。

    織田の正規軍だけでは、今川義元に負けていたかもしれません。

    借り物でも良い、偽物でも構いません。

    勝てば良いのです。

    豊臣秀吉は、金の茶釜で相手を屈服させ、

    伊達政宗は、月の兜で敵を威嚇しました。

     

    関ヶ原の戦いで、西軍の将である島津義弘は、

    戦いの前日に夜討ちを提案しましたが、

    石田三成に「明日は正義が勝つ」と言って却下されました。

    義弘曰く、「負ければ正義は死に申す」と。

    夜討ちを却下された義弘は、

    自分の陣営で明日の戦死を覚悟したそうです。

     

    しかし、奇跡に近い確率で、島津義弘は関ケ原の戦いから生還します。

    それが、伝説のように語り継がれてきました「島津の退き口(のきぐち)」です。

     

    「捨て奸(すてがまり)」という戦法で、多くの家臣が命を張って、

    主君である島津義弘の脱出劇を支えたのです。

    島津義弘は、正面突破という「押し出し」を選択実行して生還することが出来たのです。

    「押し出し」は正に勝つための必須要件です。

     

    「押し出し」の次には、野心が生まれるといいます。

    野心とは、野の心であり、道のないところを自分で決めて進んでいくということです。

    道なき道を押し出し、野心を持って向かっていくことは大変でしょうが、

    それが勝利への道であり、極めて重要なことだと思われます。

    成功の道は、野心を抱いて押し出した後からついて来ますから。

     

    大相撲の基本型「押し出し」に肖って、

    我々も「押し出し」を実践したいものです。

     

     

    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM